アイアンのすくい打ちを克服する練習方法

アルバに載っていた方法。

アイアンのすくい打ちは、何がダメなのかというと「ダフる」ということなんですね。ふわーっとあがっちゃう。

高いボールの正しい打ち方は、上から振り下ろすように(ダウンブロー)ボールを叩くと、スピンがかかってボールが上がっていくんですね。

プロはボールを上からぶっ叩く、のだそうです。それが正しい打ち方なのだそうで。

で、すくい打ちを克服して、ダウンブローできるようにする方法が載っていました。

 

ボールの後ろにタオルを置く

練習場で打つときに、ゴルフボールの後ろ10cmくらいのところに、折りたたんだタオルを置くと良いそうです。

すると、タオルを叩かずに、ボールとタオルの間の空間にアイアンを叩き下ろす形になるため、プロのインパクトイメージに近い打ち方ができるのだとか。

右足でボールを踏んで打つ

練習時に、右足の中央右側あたりでゴルフボールを一個踏みます。

このボールがあることで、スイングが理想的なダウンブローになるっていうんですね。

※踏んでいるボールを打つわけじゃないです!右足の角度を固定するために、ボールを踏むんですね。(ボール以外でもOK)

ゴムチューブを首にかけてスイング。

ゴームチューブを、首からかけて、両手に持ち、そのままスイング。ゴムを張った状態になることをイメージして打ちます。

左手首の動かし方が自然と身につき、ダウンブローが打てるように。

おしりを回して打つ

これは表現が難しいですねぇー。

おしりの左ポケットが後ろに引っ張られるようなイメージで、くいっとおしりを回して打つそうです。

両手は右ポケットの前

まず、左肩がアゴの下に来るようバックスイングして、

両手がズボンの右ポケットの前にくるようにダウンスイング。

タメが出来て、ヘッドが上から入るそうですが、なかなか難しい!

まとめ

なかなか難しい!

まずは、「タオルおき」あたりから練習すると良いのではないでしょうか。スピンがかかって昇っていくボールは、打っていてキモチいいです。

プロの90分診断がヤバい


RIZAP GOLF
↑ 5,000円で専任プロがショット分析・スイング診断・クラブ診断してくれます。
※すでにライザップ会員の人は受けられません!

お探しの施設が見つからない場合下記検索をお使いください

ページトップへ